介護スタッフには労働者派遣法という法律がありますが、これは権利を守るためのもので就労条件や賃金、福利厚生などを定めたものです。
例えば、相手側の都合などにより勤務が終了してしまう場合などが起こることがありますが、このようなことを防ぐためにもスタッフを守るためのものとして定められ、雇用条件を公正なものに保つためにも目的として定められています。
基本的には同じ施設では最長で3年間の契約期間で行なわれています。

派遣介護スタッフを守る法律をチェック!

派遣介護スタッフを守る法律をチェック! 派遣の介護スタッフのための法律には労働者派遣法という法律があります。
介護スタッフを派遣する会社は介護スタッフに対して雇用の継続や雇用の安定のために無期雇用化や直接雇用の依頼などの雇用安定措置を講ずることが義務付けられたことで同じ部署で仕事を続けられなくなったことに加えてこれまでよりも直接雇用の可能性というのが広がりました。
介護スタッフの場合も同じ事業所や同じ施設で仕事を続けていくことはどんなに長くても3年間と決められていますが、その反面ほかの施設や事業所で仕事をスタートさせることでさらなるスキルアップやスキルを活かした仕事ができるという選択肢も広がり、直接雇用の可能性も広がったということはいままで以上に安定した収入が得られる可能性もあるはずです。

介護スタッフは派遣のほうが給与条件が良いのは法律の規定によるものです

介護スタッフは派遣のほうが給与条件が良いのは法律の規定によるものです 介護スタッフの正社員の給与は、他の業種より低い水準になっていることは各種の調査の結果、明らかです。
しかし介護スタッフの立場で考えてみますと、派遣のほうが正社員よりも手取り給与は良くなるという利点があります。
介護スタッフを採用する側の事業所としては、派遣社員のほうがコストが割高になりますので、それを十分に理解納得した上で採用しなくてはなりません。
介護派遣の時給が正社員よりも時給が良くなる理由は、介護職の離職率の高さに原因が求められます。
突然に職員が辞めてしまったら、採用担当者は急いで人材募集に着手いたします。
人手が足らないと現場の仕事が回っていかないことも事実ですが、実のところ、最大の理由は介護保険制度をクリアするためなのです。
介護保険制度の規定では、一定数以上の職員を配置しなければならないという明確な基準があり、これを守っていないと介護報酬が減額されるとか、最悪の場合は、罰則が適用されて廃業に追い込まれる事例もあるのです。
一見矛盾した話ではありますが、元をたどれば法律が強制しているところに事業所側が焦る原因があります。
穴埋め的措置を取らざるを得ない事情は、全国の事業所にほぼ共通して見られる現象です。

介護スタッフの情報サイト

介護スタッフ 派遣